toggle
2019-03-12

3rd Anniversary

先週は

いつもお世話になっているお客様が多くて

楽しい1週間でした。

初めましての方も意外に多くてうれしかったですね。

今日でDISTRADをOPENしてから3年が経ちました。

こうやってお客様と楽しく営業出来ているのも

いつもご来店下さるお客様やオンラインを利用して下さるお客様やSNSを気にかけて頂いているお客様、

各ブランドのデザイナーや担当者様、

先輩や後輩や家族、

全ての方々に支えられている事に本当に感謝しております。

いつも本当にありがとうございます。

3年と言うと短いようですが

個人的には1年が3年くらいに

ものすごくながく感じられます。

ぼくがお世話になっている先輩のお店も

少し前に8年を迎えましたが

本当にすごいなぁといつも尊敬しています。

3年経ってみて

自分のビジョンを振り返るのですが

ぼくが自分のお店に求めるものは

◯「街のビストロ」的な洋服屋。

美味しくて良い物が手の届く範囲にあるお店

コレが個人的に目指すところです。

僕自身、洋服にかけるお金は程々です。

(とは言え普通に考えれば結構買っていますけど)

洋服だけでは無く、衣食住の食や住にも

ある程度のお金をかけて楽しみたい人間です。

個人的なファッションとは

洋服だけで無く、食事や音楽、文化的な事も

まとめてファッションだと考えています。

なのでキチンとした生活をしながら

買える範囲で良い物を楽しんで頂けて

楽しんで通えるお店を目指しています。

物凄く良い食材に良い技法で

1年か2年に1回通うようなお店も良いけれど

自分のお店はもう少し身近なお店でありたい。

プラスして個人的に大切にしているのは

◯「お客様に格好良くなって楽しんで頂く」

事です。

僕自身、元々BMXやHIP HOPから

洋服に興味を持った人間なので

ストリートや古着がメインだったのだけれども

大手のセレクトショップで働いた事によって

今までは着なかった洋服を着る楽しさを学びました。

それは自分にとって

本当に大きな事だったと思っています。

好きな洋服を着るだけでは味わえなかった感覚は

販売員ならではのものだと思います。

なので

年齢を重ねてきて

年齢や場所に相応しい格好をする楽しさや

自分が好きな物を着る楽しさの

どちらをも楽しんで頂けるようなお店でありたいと思っております。

まだまだ完成されてはおりませんが

常にそれを目指して頑張っていきたいと

思っております。

またこの1年も変わらずに

お客様や周りの方々と楽しんで過ごせるように

頑張りますのでよろしくお願い致します。

関連記事